BL作家インタビュー

有馬かつみ先生
アラブにリーマン、極道にホストなどなど、艶のあるキャラクターで見る者の目を惹きつけ、読者を作品世界に引き込む有馬かつみ先生の美麗なイラストは、いったいどのようにして生まれるのか。人気絵師にうかがいました!
Q.1イラストレーターとしてデビューされた経緯を教えてください。デビュー以前に、イラストのお仕事をするために何か具体的に行動を起こしたことはありましたか?
有馬 短大時代のサークル(漫画研究部)の先輩がBL編集部にいて、その先輩に声をかけられてデビューしました。
また、ほぼ同時期に別件で関わっていた同人企画(テーブルトークRPG)が商品化されてそちらでもそのまま採用、という感じでデビューになりました。
賞への応募投稿経験はありません。ほとんど出会いと運で現在に至ります…。
Q.2子どもの頃から絵を描くことがお好きでしたか? 何歳くらいから絵を描いていた記憶がありますでしょうか。
有馬 物心ついたころ(3歳位?)から絵は描いていました。幼稚園の時には絵を描くのが好きという自覚はありました。

『砂漠の虜囚は淫らに甘く』より
(著:早瀬響子 イラスト:有馬かつみ)

Q.3絵を専門的に学んだことはありますか?
有馬 小学生のときに個人宅で主催している絵画教室に通っていて、美術系短大に進学しました。一番専門的に学んだのは美大受験のために通った予備校かもしれません(美大は技術を習得する場所ではないので)。

『砂漠の虜囚は淫らに甘く』より
(著:早瀬響子 イラスト:有馬かつみ)
Q.4きちんとした画材を使って絵を描くようになったのはいつ頃からですか。その際、戸惑われたことなどはありましたか?
有馬 油絵などは絵画教室に通っていた小学生の頃からですが、イラストという意味では中学生からです。その頃は今ほど手軽にHOW TOにありつけず、憧れのイラストレーターさんの使っている画材もテクニックもわからないのでとりあえず学校で買ったポスターカラーで見よう見まねでした。モノクロ漫画画材の情報もなかったので、文房具店で少ない小遣いでちまちま道具を買っては試しを繰り返してました。
Q.5デビュー後、仕事として絵を描くにあたり、「絵を描くこと」について意識の変化はありましたか?
有馬 映像や舞台を見ても、頭の片隅に常に資料になりそうかどうかという目で見るようになりました。知らない分野のものを積極的に見るようにしたり。
Q.6小説の「挿絵」を手がけるときに特に気をつけていることがありましたら教えてください。
有馬なるべくシーンの状況がわかるような絵にしたいと思っています。それからアップばかり、ロングばかりと構図が偏らないように全体のバランスを取るようにしています。



はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示