BL作家インタビュー

有馬かつみ先生
  1. 前編から読む

Q.1初めて目にしたBL作品は何ですか? そのときに抱いた感想を教えてください。BL作品ではないけど、BL的香りを感じたお気に入りの作品がありましたら教えてください。
有馬たぶん高校の図書館で見つけた江森備「私説三国志 天の華・地の風」が最初のBL作品だと思います。出版されている一般小説でやおい読んじゃっていいんだ…?! という一種の背徳感がありました。BL的香りといえば、高村薫女史の作品全般です。「神の火」「リヴィエラを撃て」など初期作品がとても《いい》です。
Q.2昔からBL作品やBLの香りがする作品、キャラについて語り合う友人・仲間がいましたか? もしいましたら、過去にもっとも仲間たちと盛り上がったBL話をちょっとだけ教えてください。
有馬高校、短大から同級生や先輩など腐語りをする友人はいましたが、今でも憶えているような中身のある話はしていなかったです…。
Q.3有馬先生は現在も同人活動をされていらっしゃいますが、初めて同人誌を描いたのはいつ頃でしたか? きっかけとあわせて教えてください。
有馬初めて同人誌を描いたのは高校卒業後に漫研の先輩から誘われて、合同誌に参加したのが最初です(漫画そのものは漫研で描いてました)。その時は萌えたので同人誌作る!というよりサークル体験をしたいという感じでした。個人サークルは短大卒業前後に始め、サークル名も変わらず今に至ります。

『やさしく強く抱きしめて』より
(著:氷高園子 イラスト:有馬かつみ)


『やさしく強く抱きしめて』より
(著:氷高園子 イラスト:有馬かつみ)
Q.4近頃は「TIGER&BUNNY」にハマっていらっしゃるようですが、これまでの二次萌えジャンルの遍歴を教えていただけますでしょうか。
有馬同人誌を知る&腐萌えの自覚が高校生からと遅めだったのですが、新世紀GPXサイバーフォーミュラ→機甲警察メタルジャック→(色々多すぎて忘れた)→新本格ミステリ→京極夏彦→ヒートガイJ→ジパング→邦ドラマ(大学病院の権力争いのやつとか、N○K土曜ドラマの金融系など)→タイバニ という感じです。
基本的に成人した大人キャラが好きなのは昔から徹底しています(なのでジャンプ漫画やガンダムにあまりハマっていませんでした)。
Q.5好みのカップリング遍歴を教えてください。
有馬20年分位なんで長いですが、覚えてる分だけいきます→ グーデリアン×ハイネル(サイバーフォーミュラ)、ギルリア×トロイダル(メタルジャック)、内海課長×黒崎、火村英生×有栖川有栖、加納祐介×合田雄一郎、京極堂×関口巽、瀧栄一郎×菊池雅行、里見脩二×財前五郎、西野治×鷲津政彦、鮫島辰三×壹岐正、春馬草輔×村雲修次、バーナビー×鏑木T虎徹
Q.6特に萌える関係性はどんなものですか?
有馬お互い親友だったのに自分の矜持のために訣別しちゃう、というのが萌えます。矜持は譲れないのが男の魅力かなと。あと、親友や憧れの本命攻とは成就しない/矜持や野望の為に他の男と寝る受、というのがどうしても萌えます。理由はわかりません!



はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示