BL作家インタビュー

天王寺ミオ先生
時には居丈高な俺様男を、時には憂いに満ちた青年を、愛に満ちたストーリーとともに描く天王寺ミオ先生。今年に入ってコミックスが連続刊行&フェア開催など、ますます勢いに乗る天王寺先生にデビューの経緯をはじめ、いろいろとお聞きしました!

© 天王寺ミオ
──デビューの経緯を教えてください。
天王寺きっかけは、同人誌だと思います。私の同人誌をご覧になった編集者さんが私の家に雑誌を献本してくださるようになったんです。あまりにも突然送られてきたので、はじめは何かの嫌がらせなのかと思いました(笑)。当時、同人誌の奥付で住所を非公開にしていて、住所を載せていた時期もあるにはあったのですがそんなに長い期間ではなかったので、先方が何で住所を知ったのかもわからないし、そもそもなぜ自分に雑誌が送られてくるのかわからないし、動揺しましたね。よくよく落ち着いて同封されていたお手紙を見たら、マンガを描いてみませんかというお誘いだったんです。
──それで商業誌でマンガを描くように?
天王寺いえ、最初はちょっとしたカットや小説の挿絵のお仕事をさせていただきました。そのあとほかの出版社さんからも声をかけていただいて、マンガを描くことになりました。
──出版社から声がかかったときの率直な気持ちを教えてください。
天王寺正直、マンガ家デビューするなんてことは考えてもいなかったので、戸惑ってばかりでした。お声をかけていただいたときが短大を卒業するくらいの頃で、まだまだ仕事に就くことにも現実味がなく遊び呆けていたので、余計にぴんとこなくて(笑)。高校生のときに同人誌の存在を知って、自分でも同人誌を出すようになってまだそんなに経っていなかったから、とにかく同人誌活動が楽しい時期だったんです。マンガは趣味として描いていたようなものなので、それを仕事にするというお誘いをいただくなんて、本当に想像もしていませんでしたね。
マンガ家になることより就職することのほうが現実的だった
──ある日突然、献本が届くとは夢にも思わず。
天王寺はい(笑)。何かの冗談だろうと思っていました。でも、イラストのお仕事は、まだ趣味の延長というか、自分にとっては敷居が低かったので、お引き受けするのにものすごく躊躇したわけではないのですが、そのうちに編集者さんからマンガを描きましょう、といっていただいたら腰がひけてしまって。同人誌ではパロディをやっていたので、いざオリジナルで自分の作品を描きましょうといわれても、「え…何描けばいいの?」って(笑)。それで、しばらくはマンガを描くことを打診されるたびに、のらりくらりとかわす感じが続いたんです。
──商業誌でマンガを描くということに、意欲的というわけではなかったのですね。
天王寺当時はそうでした。就職活動中だったこともあって、プロのマンガ家になることより、就職することのほうが現実的だったんです。その後、就職をしまして、働きながら同人誌をやって、イラストのお仕事もさせていただいて、というような生活を続けました。

はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示