BL作家インタビュー

羽田共見先生
ムードたっぷりのシックなイラストから色彩鮮やか且つ華やかなイラストまで、ミルククラウンで多数の作品を手がけ、読者を作品世界に引き込む羽田共見先生。その気になる創作の裏側について、注目の絵師にうかがいました!
Q.1イラストレーターとしてデビューされた経緯を教えてください。デビュー以前に、イラストのお仕事をするために何か具体的に行動を起こしたことはありましたか?
羽田同人誌を見てくださった編集者さんのお声がけで、お仕事を頂きました。ずいぶん前に、某社の新人賞にも応募していて、努力賞か何かそのへんをいただきました。
Q.2子どもの頃から絵を描くことがお好きでしたか? 何歳くらいから絵を描いていた記憶がありますでしょうか。
羽田子供の落書き程度なら、物心ついた頃から。三つの時に部屋の壁いっぱいに落書きして、母が叫んでいたのを覚えています。(そりゃ、叫びますよね)

『スタンド・バイ・ミー』より
(著:藤原万璃子 イラスト:羽田共見)


『スタンド・バイ・ミー』より
(著:藤原万璃子 イラスト:羽田共見)
Q.3絵を専門的に学んだことはありますか?
羽田大学が美術系でした。絵画を専攻しました。
Q.4きちんとした画材を使って絵を描くようになったのはいつ頃からですか。その際、戸惑われたことなどはありましたか?
羽田漫画イラストという意味では、中学の時につけペンを買ってみました。ほとんど描けなくて、お蔵入りで、そのあとまともに描き始めたのは大学にあがってからです。
Q.5デビュー後、仕事として絵を描くにあたり、「絵を描くこと」について意識の変化はありましたか?
羽田ニーズにお応えしたいな、と思ったことでしょうか。それまでは好き勝手に一番描きやすいものばかり描いていたので、そうじゃないものを求められて、これは思った以上に山がでっかいな、と思いました。難しいです。
Q.6プロとして絵を描くようになってからの失敗談や、思い出話などがありましたら教えてください。
羽田インフルエンザで締切を破ったこと。リアルに泣きました。ほんとに最終締切だったので。編集さんにも作家さんにも、申し訳なくて申し訳なくて。
Q.7小説の「挿絵」を手がけるときに特に気をつけていることがありましたら教えてください。
羽田画面が大きく見えるようにすること? 留意点はその時々で結構変わります。挿絵でコマを割るのがそんなに好きではないので、一枚でシーンを見せられるようになりたいです。

はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示