BL作家インタビュー

森本あき先生
愛がいっぱいのHシーンと幸せ感たっぷりなストーリーが大人気の森本あき先生。4月にWeb連載された『秘密の恋人』が誕生したきっかけは? 執筆秘話を語っていただきました !
Q.1『秘密の恋人』は28歳差という年の差カップルをえがいた作品です。年の差を書いていて楽しかった点、苦労した点など教えてください。
森本自分のほうが年上だからしっかりしないと、と思っている攻と、自分が子供だからまともに相手にしてもらえないんだ! と悔しがっている受の、かみあわなさかげんが楽しかったし、同時に苦労もしました。子供のころ、成長すれば人は自然に大人になるものだ、と思っていたのですが、実際、年を重ねても性格とかは変わらないので(笑)、年上だからって余裕があるわけじゃないんだぞ、というのを思い切り出してみました。

『秘密の恋人』より
(著:森本あき イラスト:青海信濃)

Q.2年の差カップルのHシーンだからこそ! というこだわりを語ってください。
森本さすがにそのときぐらいは年上に余裕があってほしいので、言葉責めとかで受を恥ずかしがらせよう! とがんばりました。
Q.3『秘密の恋人』の設定はどのようにして決めましたか? 物語の着想のきっかけなども教えてください。
森本担当さんと、どんなのにしようかねえ、とお話しつつ、だんだん決まっていった感じです。私はだいたい、そんなふうにお話を考えていきます。どの担当さんにも大変お世話になっています。
Q.4キャラクターは、外見・性格・ポジション等、何からつくることが多いですか? 亨、千草の場合はいかがでしたか?
森本性格ですね。強気とか、けなげとか、ワンポイントを決めて、それからふくらませます。外見に関しては、挿絵さんのキャララフを見て初めて、おお、こんなんだ! とあとから思う、という(笑)。挿絵の先生方にもお世話になりっぱなしです。
Q.5WEB連載ということで気を付けた部分や意識した点はどんなところでしょうか。
森本区切りですかねえ。でも、それも、担当さんがやってくださったので、私は何も苦労してないような…。す、すみません。

はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示