BL作家インタビュー

天野瑰先生
漫画で小説のイラストで、雰囲気溢れる大人の男を描き読者を魅了する天野瑰先生。先頃配信がスタートした『緊縛愛執事』(著:御上ユノ)でのミステリアスな執事も必見! 気になる創作の裏側についてお聞きしました!!
Q.1デビューまでの経緯を教えてください。デビュー以前に、マンガやイラストのお仕事をするために何か具体的に行動を起こしたことはありましたか?
天野学生時代に、即売会イベントに出した本を見ていただき、お誘いを受けて雑誌にBL漫画を描いたのが、最初です。
Q.2子供の頃から絵を描くことがお好きでしたか? 何歳くらいから絵を描いていた記憶がありますでしょうか。
天野絵に関することはすべて大好きでした。机に向かったら勉強ではなく、紙やノートに落書きしている子供でした。何歳からかはよく覚えていませんが、クレヨンや色鉛筆を持てるようになった頃からとにかく白い紙や両親の本に落書きしていました。かなり迷惑な子供だったと思います。

『緊縛愛執事』より
(著:御上ユノ イラスト:天野瑰)


『緊縛愛執事』より
(著:御上ユノ イラスト:天野瑰)
Q.3絵を専門的に学んだことはありますか?
天野ありません。
Q.4きちんとした画材を使って絵を描くようになったのはいつ頃からですか。その際、戸惑われたことなどはありましたか?
天野お絵描きや落書き程度の状態から、漫画を描きたいと思った時に、まず、ペン先を購入したと思います。中学生の頃でした。その頃から、イラストのほか、モノクロで1枚~10枚程度、起承転結のない漫画らしきものなども描き始めました。私は遅いのですが、高校生になって初めて、同人誌が作れることを知ったので、それからは、印刷可能な画材で原稿を作るようになりました。
特にカラーは、印刷のことを何も知らなかったので、描いたものと、出来上がったものの色の違いに戸惑いだらけでした。当時は手描きだったので、塗り直しもできないし、本当にカラーを描くときは緊張しました。今はデジタルで、何度でもやり直しがきくのでいいですね。手も汚れないですし(笑)。
Q.5デビュー後、仕事として絵を描くにあたり、「絵を描くこと」について意識の変化はありましたか?
天野最初のデビューが学生時代だったので、趣味と仕事は全然違うなと考えを新たにさせられることが多かったです。
商業原稿以外は、自分の好きなことを描いていますが、仕事として描く絵は、皆さんに少しでも喜んでもらえるもの、見てくださる人を意識して描くよう心がけています。

はじめてご利用の方へサイトマップ会社情報特定商取引に基づく表示